FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一体感以上に大事なもの?

 02, 2015 22:10
事務的な作業を片付けようと地元のマックへ。


集中するには少し騒々しいかな…

と思いきや、同じように勉強や仕事をする人多数。


食事の人も買い物途中に休息している人も

みんな静かにそれぞれの時間を満喫している模様。


おまけにBGMは、ピアノのスタンダードJazzが

ゆったりと流れていて

一瞬、ここはどこ??と見紛うほどの

落ち着いた空間と化していました。


好きな曲がかかると、仕事に集中するより

BGMに聞き入ってぼんやりしてしまい

作業の手が止まることしばしば…

ま、それでもなんとか仕事はしました。(苦笑)


他の店舗もBGMこんな感じだったかな??


お店のインテリアはPOPな感じで、

BGMとの一体感はないのだけど

利用するお客さんの目的次第で

違和感なく感じられるものですね。

IMG_20150802_193234.jpg


香りの演出は、空間の様々な要素との一体感が

やはり大切だと思うのですが、

今回のような一見ミスマッチな演出も

「あり」なのかもしれません。



先日、友人達と都内の某外資系ホテルで

軽くお酒を飲んだときのこと。


高層階に位置するそのホテルは

1Fのエレベータホールや

ロビー階で香りの演出をしていました。

お化粧室も、ロビー等とは別の香りで演出。

かなり香りのおもてなしに力を入れている様子です。


香り自体は、おそらくバニラやムスク等を効かせた

クラシカルで高級感あるオリエンタル風。

万人受けするより、香り上級者に好まれそうな印象。


ホテルの雰囲気にも合っていて

上質で素敵な香りだったのですが、

濃度が少々濃すぎるように感じました。

特に1Fエレベータホールに入った瞬間のインパクトは大きく

香りに圧倒されるような感覚。


最初のインパクト、大事だとは思うんですけど。


ロビーラウンジ全体も広く香っていました。

私自身、元々香り好きだし

滞在しているうちに鼻は慣れ

イイ感じで、あまり気にならなくなりましたが

日本人のゲストにはもう少しソフトな演出の方が

好まれる気がするなー。


友人達は、やはり香りが強すぎると感じたようです。


もしかすると、外国人ゲストはあのくらいの濃度で

ちょうどいい、あるいは、全然問題ないのかも。


香りの好みや感じ方は本当に千差万別。

香りそのものの良さとか、一体感とか、

空間の条件・目的とかだけでは

測りきれないものがあると改めて実感。


それでも、多くの人の心にFitするような香りや香り空間を

創りたいとも思った出来事でした。


やっぱり香りがあると、空間に活き活きとした輝きを感じますもの!


IMG_20150802_193523.jpg


スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。