FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見ないで遊ぶワークショップ

 17, 2016 23:40
見えない状況で香りを嗅ぐと、より感覚が研ぎ澄まされる

と思います。

ただ、それを深く自覚できるようになるには、ある程度

意識していくことが必要なのかもしれません。



“スパイス”がマイブーム…というわけではないけれど

オリジナルのスパイスをつくるワークショップに

参加しました。

IMG_0291.jpg
会場となったヨコハマ創造都市センター


ワークショップのタイトルは、

「見ないで遊ぶワークショップ スパイス編」。


ただ好きなスパイスをブレンドするのではなく

視覚に障がいのある方とない方、全ての参加者が

同じ条件(アイマスクをした状態)で香りだけを頼りに

自分好みのスパイスをつくるというもの。



見ないで香りを感じることで普段気づけない発見が

あるかな、とか、視覚障がいの方々が香りをどう捉えるか

というところに興味がありました。



我ながら職業病‥と思うのは、純粋に香りを感じる前に

思考が働いてしまいがちなところ。

何の香りか、精油との香りの違いはどんなところかetc…



先入観や余計な知識が邪魔して、結構混乱しました。


普段香りをつくるときは、そういうものに囚われ過ぎないよう

気をつけているのにすっかり忘れてました。(笑)


嗅いだことのある香りほど、“わかっている”つもりで

いたかもしれないな。


8種類のスパイスはどれもおなじみの香りでしたが、

精油になったものと比べるとどれも軽やかさや

濁りのないストレートでクリアな強さを感じました。


精油になると香りにエグみとか苦みも感じたりして

さらに濃く個性が強くなるよう。

あくまでも個人的な感覚ですが。



改めて気づかされたのは、スパイスがカレーの味付けに

使われるのではなく風味をつけるためであること。



先日の“七味”の記事も同様ですね。

食事をより味わい深くおいしくするためのもの。

IMG_0290.jpg
できあがったスパイスとレシピ&アイマスク


ワークショップ中はほぼアイマスクをつけた状態でしたが、

考えていたより見えないことへの不安が大きくて

香りを隅々まで嗅ぎつくせていたかどうか。



見えないことで研ぎ澄まされていく感覚というのは

少しずつ身につけていくものなのかもしれません。


それでも、やはり普段あまり気にかけない

人の声や周辺の音、モノの質感、漂うスパイスなどの

匂いが強調されて感じたのも事実。



見えないからこそあちらこちらに存在する香りの豊かさに

気づいて、感じてくださる方がふえるといいな。

それが心の豊かさにつながるから。

嗅覚は人の本能や記憶を司る脳の部分と関わりが深いので。



そして、どんなかたちで香りの豊かさを伝えていけるかを

改めて思った1日でした。





☆香りの演出に関するご相談承ります☆

どんな香りを選べばいいかわからない、

ディフューザーの選び方、どこに香りを置けばよいか、

強さをどう設定・調整すればいいかわからない…etc

このブログのお問合せフォーム、または、auroraサイトのcontact より

お気軽にお問い合わせくださいませ。





☆オリジナルの香りをデザインします☆

天然の素材でご使用目的やイメージに合わせて、

様々な空間で楽しむための香りをデザインします。

世界にひとつだけの香りが

スペシャルで印象的な空間を演出します。

お問合せフォーム、または、auroraサイトcontactより

お気軽にどうぞ♪




IMG_0289.jpg
8種類のスパイス

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。