FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳鼻科の待合室で

 18, 2016 23:25
本格的な花粉シーズンを前に耳鼻科へ。



すでに私の花粉センサーは反応を始めていたものの

まだ昨年いただいた点鼻薬のみで症状を抑えることが

できていました。


鼻が利かないと全く仕事にならないので

薬は欠かせません。


なにせ花粉症歴30年以上!

かなりのベテランです。(笑)


即効性のある根本的な花粉症の治療法を早く開発

してほしい!!



考えてみると、長い花粉症歴の中で症状の出始めた頃

が一番ひどくて辛かったかも。


知り合いの紹介で通い始めた耳鼻科でいただく薬が

私の体質に合ったようで、以後、劇的に症状が

楽になりました。

Fotolia_4471375_XS.jpg
※イメージ画像です。


その耳鼻科に通い始めてかれこれ25~6年。

今年行ってみると建て替えられて新しくなっていました。


以前は古い洋館のようなつくりで、きっと建てた

当時はモダンだったであろう様式の建物が

時を経て、“イイ感じ”で味わいのあるレトロな

雰囲気を醸し出していました。



建て替えられた病院は昔の面影が完全になくなり

同じ病院とは思えないほどの変貌ぶり。


あまりの変わりようにちょっと面喰って

勝手がわからずあたふたしちゃいました。汗



全てが新しく、清潔で、機能的。

前に比べたらはるかに快適といえば快適。


でも、まだなんだか落ち着かない。

その場に漂う空気がなじんでいないというか。


病院特有の空気感というのがあるとしても、

そういうものとはまた違うちょっとした違和感。

院内に残る新しい建材の匂いがさらにそれを

強調しているようでした。


先生も、看護士さんはじめスタッフのみなさん、

患者さんも含めて、利用する人達はほとんど

以前と変わっていないはずで、あいかわらず混雑

しているのに、そこには前と同じ空気はなく

新たな風景をつくりだしている。


昔の雰囲気わりと好きだったから少し寂しいな。


これからまた時を重ねるにつれ、人とモノが

つくりだす空気がなじんで落ち着き、

“いつも”の空気になっていくのでしょう。



香りの空間演出で、「あまり香らない」というときが

ありますが、香りの濃度が低いとか、空気環境のせいとか

ずっと嗅いでいて鼻が慣れてしまうなど、原因は

いくつか考えられます。

でもネガティブな理由ばかりでなく、香りが場の空気に

完全になじんだ証拠でもあるかもしれない
、と待合室で

順番を待ちながらふと思いました。



1年のうち、この時期しか行かない耳鼻科。

来年の今頃はどんな空気を醸し出しているかな。





☆auroraオリジナルルームフレグランス☆

ナチュラルで穏やかな香りが、空間に彩りを添えてくれます。

電気や火を使わない、安全でお手入れ簡単な

アロマルームフレグランス☆

香りは、リラックス系の”レッド”爽やかな”グリーン”

クリアな空気の”ブルー”の3種類。

商品の詳細・お問合せ・ご購入は、auroraホームページ

shopをご覧くださいませ♪





☆オリジナルの香りをデザインします☆

天然の素材でご使用目的やイメージに合わせて、

様々な空間で楽しむための香りをデザインします。

世界にひとつだけの香りが

スペシャルで印象的な空間を演出します。

お問合せフォーム、または、auroraサイトcontactより

お気軽にどうぞ♪


665b2ba75585c562fc86da60c7c66520_s.jpg
ふわふわな空気感のイメージ。


スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。