スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

升谷真木子個展「Whose sleeve?」

 21, 2016 20:21
パソコンが壊れるという全く想定外のトラブルに見舞われ

思っていた以上に復旧に時間を取られ

やろうとしていたこと、やらなければならないことが

遅々として進まず、主に仕事の面では未だに

復旧作業と現在進行中の作業が重なってなかなか片付かない。



そんな中でも、なんとか時間の合間を縫って

ギャラリーや美術館にはいくつか足を運んでいる。


それが良い気分転換にもなるから。




升谷真木子個展「Whose sleeve?」をのぞいてみた。



会場のSatoko Oe Contemporaryをふとしたきっかけで見つけて

以前に一度伺ったことがあり、なんとなく「好きな空間」と思った。



ギャラリーのホームページで今回の個展に関する

アーティストの言葉に「香り」とつながる、

連想させるものを感じて即「行かなきゃ!」と。



実際に行ってみて、これまた直感的に「好き!!」と思った作品が

今回のアロマイメージです。


IMG_1135.jpg


《aroma image》

Orange, Bergamot, geranium, mimosa, vanilla, benzoin,

Chamomile, eucalyptus, petitgrain…etc





“小さなわすれもの”というタイトルのこの作品、

最初に暖かくやわらかく愛らしい色彩にとても心惹かれた。



どこかノスタルジックで懐かしい、

子供のころのピュアで無邪気な記憶や思い出が

ふわりと寄り添い、包み込むような香りをイメージ。



甘くてキュートなスイーツや可愛らしいお花に

フレッシュで爽やかなプチグレンのアクセントが効いた

センチメンタルだけじゃない明るく洗練された香り。



香りの演出は、どこまでもさりげなく軽やかな空気感で。



作品を鑑賞する人が遠い昔に置いてきてしまった何かを

ふっと思い出し心が和む時間と空間。




作品の前に立ち、一瞬ほのかな香りが鼻先をかすめたように感じた。


スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。