憧れのアンバーグリス

 07, 2017 14:52
ずっと「一度嗅いでみたい!」と願っていた香りと

思いがけず出会う機会に恵まれた。




“りゅうぜんこう(龍涎香)”=“アンバーグリス”という

マッコウクジラの結石から抽出される非常に珍しい天然の動物性香料。




ワシントン条約で取引が制限されている今、

希少で極めて高価な天然の動物性香料を

一般の人が手に入れることはほぼ不可能。



香料を扱っている企業の人でさえ

めったにお目にかかれないとか。



その香りを試香するのは無理かもしれない…

と、半ばあきらめていた。




ある香りのワークショップで出会った憧れの香りは、

想像以上、期待以上のものだった。


ラブダナム(シストローズ、ロックローズetc…)とよく似ているが

とてもソフトでほのかに温かく、ふわりとした品の良い質感なのに

神秘的な甘さを伴ったうっとりするような香りが

心身にゆっくり深く浸透して、静けさと心地よさを誘う。



言葉で説明するのは本当に難しいけれど心から感動。



こんな陳腐な表現しかできなくてすみません。



1週間たった今もムエットに魅惑的な香りを残している。

とても力強い香りでもあるのです。




いつも、天然の動物性香料を発見した

人間の探求心と好奇心に驚かされる。



ムスクなども香料が抽出される部分自体は強烈な獣臭で

エレガントな印象の香りからは程遠い。



世の中にはまだまだ未知の素晴らしい香りが

隠れているのかもしれない。



未知の香りに出会うたび、また香りの世界に魅了され

新鮮な気持ちで香りと向き合うことができる。


!cid_15be1670c635517ae291.jpg
なるべく香りが消えないように頑丈に(?)ガード

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?