FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flower-themed music concert

 23, 2017 21:51
どうも調子が悪い…

多忙続きの日々がひと段落して、ホッと一息のはずなのに

達成感やリラックス感よりも

疲労感と焦りのような嫌な気分。



燃え尽き気味なのか…??

猛暑のせいで調子が出ないのか…??


この1年ほど私の人生は本当に苦しく厳しく困難だった。

今もその状況にあまり変化はないけれど

なんとなく慣れた気がしていた。


…が、自分の闇ばかりフォーカスしてきたこの1年の中で

積もった心の澱は簡単に解消されるものではないみたい。


歳を重ねてきた自分の肉体の変化のせいもあるだろう。


どこにいても、何をしていても、不安定な感覚がつきまとう。

香りについて思いを巡らせたり、創作しているとき以外は…。




ひと月前になってしまいますが、「花」をテーマにした

クラシックのライブイベントに香りのデザインと演出で

飛び入り参加させていただいた。

Salon de jouir et bonheur
↑イベント詳細は、こちらをご覧ください。



ヴァイオリンとピアノの音色が美しい旋律を奏でると

会場は優雅な雰囲気に包まれ、心を解いていくような

癒しの空気が広がっていた。

19893713_1365017233585752_2108381681_o.jpg


やはり、ライブの演奏は特に演者のエネルギーが

ダイレクトに場にいる人に伝わり心に響くのだと思う。



音楽に限らず、アートも同じ。



そして、香りは場にいなければ体感できない。

香りそのものがエネルギーであるともいえるかも。

19911929_1365011500252992_933833108_o.jpg


香りの空間演出は、通常、演出する空間(環境)の中で

調和することがとても重要だと思う。


空間に存在するあらゆる要素と自然になじむこと。


イベント性の強い演出では少し別な場合もあるけれど。



今回は、「花」をテーマにしているとのお話だったので

ローズやラベンダーなどフローラル系に

ユーカリなどスッキリとした印象の精油を使い

華やかでエレガント、且つ、軽やかな香りを制作。



会場のエントランスでおもてなしとして香らせた。

19911894_1365011953586280_3414231_o.jpg


香りの演出の効果は、来場者のみならず出演者の心にも響くこと。


緊張をほぐしてベストなパフォーマンスを発揮するための

手段にもなりうる。


そして香りと演奏が最高のかたちで交わった時、より一層特別で

素晴らしい時間と空間を堪能できると私は信じている。



前から書いているけれど、イベントの香り演出は

やり直しのきかない一発勝負で毎回緊張する。

それでも、体感した人の反応がすぐに返ってくるから

やりがいもある。


今回も訪れた方々の心に何か残るようなひとときであったら

嬉しく思います。




今年はこれまでのところ、違ったタイプの香りをつくる

機会に恵まれている。

本当にありがたい限り。



困難な状況のなかで数少ない救いのひとつになっているかな。


20050393_1365021693585306_62962813_o.jpg

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。